寝る時の姿勢で歪み知らずに!!

こんにちは
エステティシャンのくぼっちです♪

皆さんは、夜寝る時どんな姿勢で眠っていますか?
寝る時の姿勢って、あまり意識することがないと思いますが、実はとっても大切なんです★

睡眠は毎日必ず繰り返す習慣で、1日24時間のうちの約3割を睡眠が占めています。
寝る時の姿勢一つで、体や顔に歪みを引き起こしてしまいますよ\(-o-)/

まず、あまりおすすめできないのが『うつ伏せ寝』と『横向き寝』です。

『うつ伏せ寝』は、呼吸の為に顔を左右に向けることになります。
首をねじった状態で左右どちらかの顔が圧迫され続けるので、歪んでしまうんです。

うつ伏せ寝を好む人は、内臓が疲れているサインです。

『横向き寝』は、左右どちらかが下になります。
背骨が歪む原因になるし、うつ伏せ寝と同じで左右どちらかの顔が圧迫されて歪みます。

特に右を下にして寝る人は、胃が弱っているサインだと言われています。
食べすぎや胃もたれしている時などは、右を下にして寝ると消化が助けられて楽になります。

胃が疲れていて、自然と体が横向きの姿勢になっているんだと思います。

寝る時の姿勢で一番理想な姿勢

歪みを作らず、美容と健康に一番いい姿勢が『仰向け寝』です。

体に不調がある人ほど、仰向け寝が難しいとされています。
特に腰痛がある人は仰向けの姿勢が辛いと思うので、まずは腰痛の改善が必要です。

それ以外で仰向けが苦手だという人は、枕の高さや位置を改善すると眠りやすくなるといわれていますよ♪

仰向けの姿勢で眠る事で、顔や体の歪みも引き起こさなくなって、顔のむくみも改善されて小顔に近づけます(^^)v

睡眠は無意識の領域ですが、体の不調をなくす事や枕などの睡眠道具を最善の状態に整える事を見直してみてください。

横向き寝やうつ伏せ寝になれてしまっている人は、仰向け寝にした時、膝下にクッションや枕を入れて膝を少し曲げるように寝ると楽ですよ(^O^)/

毎日仰向け寝で眠ることで、歪みをなくして美肌にも繋がるので少しずつ挑戦してみてくださいね♪


コメント
コメントする