深谷市のエステAMON LISA > 深谷市エステAMONLISAのスタッフブログ > 紅葉の谷川岳:エステティシャンの山行記録

紅葉の谷川岳:エステティシャンの山行記録

長かった緊急事態宣言が明け、鈍った身体のリハビリに谷川岳へ行ってきました♪

谷川岳は二つの頂きを持つ双峰で、日本百名山の一座。

今回登った谷川岳の西黒尾根コースは日本三大急登の一つで、標高差は1200mです。
ロープウェイを利用する天神尾根コースもありますが、西黒尾根コースのほうが格段に登山者が少ないし、単純にこちらからのコースが好みなのです♪

谷川岳2021
ロープウェイの乗り場をスルーして、西黒尾根登山口からのスタートです。

谷川岳2021(1)
西黒尾根コースは急登の樹林帯がひたすら続きます。
この日は濃霧で景色も見えませんが、約2時間は展望がほぼないのでとにかく登り続けます。
途中でお猿さんを発見して写真を連写しましたが、シルエットのみ(笑)

谷川岳2021(2)
やっと樹林帯から出られました♪
遠くにモヤっとですが、ロープウェイの山頂駅が見えます。

谷川岳2021(3)
樹林帯を抜けて鎖場を上がると、岩稜帯ゾーンへ!

谷川岳2021(4)
『ラクダの背』
岩稜帯に出ると風が強く、ガスも多めで時折真っ白でした。
谷川岳は群馬県と新潟県の県境にあり、天気も変わりやすいと言われています。

谷川岳2021(5)
ルートを迷わないようにしっかり黄色の印が付いています。
少し紅葉し始めていました。

谷川岳2021(6)
山頂から降りてくる方々に『山頂まで行けば晴れてるよ~!頑張って~!』と声を掛けられて、疑いながらも急いで登ります。

谷川岳2021(7)
もしや・・・♪

谷川岳2021(8)
山頂『トマの耳 1963m』に到着です!
山頂の手前から、ロープウェイ駅の天神尾根を登ってきた方達と合流するのですが、平日にも関らず凄い行列になっていました。
西黒尾根から登って正解でした。

谷川岳2021(9)
谷川岳2021(10)
近くで見るとこんなに真っ赤に紅葉していました♪
トマの耳からもう一つの山頂『オキの耳 1977m』まで登り、紅葉を楽しんでゆっくり下山しました。

谷川岳はロープウェイを利用できるので、紅葉の時期は特に観光の方も多いようです。
近くにある良き山です♪

アウトドア美容品レビュー

今回は『ビオレUVアクアリッチライトアップエッセンス』を使用してみました。
次回のブログで、個人的な使用レビューを載せていきます♪


コメント
コメントする