深谷市のエステAMON LISA > 深谷市エステAMONLISAのスタッフブログ > 美容に逆効果な入浴をしていませんか?

美容に逆効果な入浴をしていませんか?

普段はシャワーだけで済ませてしまう人も、寒い季節は湯船にお湯を溜めて入浴する人が多いですよね。
温かい湯船に浸かると身体の冷えや疲れを改善してくれるだけでなく、リラックス効果や安眠効果も高いです♪

美容にも健康にも良いことづくめの入浴ですが、入り方によっては肌の乾燥を加速させてしまう場合もあります。
今回は、美容に逆効果になってしまう『やってはいけない入浴法』についてお伝えします!

やってはいけない入浴法

①長時間の入浴
入浴は長く浸かるほど良いと思われがちですが、長時間浸かって肌がふやけてくると、肌の水分保持するセラミドなどの成分が必要以上に流れ出てしまいます。
さらに肌表面の皮脂も失われるので、肌が乾燥してしまうんです。
保湿効果のある入浴剤を入れていたとしても、15分~20分位に留めるのがオススメ。

②高温の入浴
身体を温める目的もある入浴はお湯の温度を41℃、42℃で設定している家庭が多いそうです。
肌の潤いを守るためには、38℃~40℃のぬるめで入るのがオススメ☆
高温で入浴する場合は短時間で浸かるか、入浴後の保湿を欠かさずに!

③さら湯の入浴
沸かしたてのお湯(さら湯)は気持ち良いですが、水道水に含まれている塩素が肌の刺激となります。
入浴剤には塩素が除去できるグルタミン酸やアスコルビン酸(ビタミンC)を含んでいるものが多いので、市販の入浴剤を使用しましょう!
肌が弱く、入浴剤の使用を好まない場合は市販のビタミンC粉末などを入れたり、みかんやゆずなどのビタミンCを含んだ果物がオススメです。
アトピーやアレルギーの方はお医者様から塩素除去を勧められるほど、肌に対する塩素のダメージは大きいんですよ!

⑤毎日全身をボディソープで洗う
身体には皮脂線が多い部分と少ない部分があります。
皮脂腺が多い部分には酸化した皮脂汚れが付きやすいので、毎日洗ってもOK。
しかし、二の腕や足などの皮脂線の少ない部分は、毎日ボディソープで洗うと肌の乾燥が増すので1日置きを目安に♪
また、タオルなどでゴシゴシ洗うと水分の蒸発が増えるので、特に乾燥の気になる季節は手で洗うのがオススメです。

⑤お風呂上りに保湿をしない
入浴後は肌がしっとりしたように感じますが、それは一時的なもので入浴後10分もすると肌の水分量は入浴前と同じレベルまで戻ります。
さらに、入浴後20分~30分経つと、何も保湿していない肌は入浴前よりも乾燥が進んでしまうんです!
肌の保湿を保つには、タオルで拭いたあとすぐに化粧水や乳液で保湿すること。
着替えや髪を乾かすのはその後でゆっくり行ないましょう♪

普段は大丈夫でも、肌が弱っている冬の時期は肌荒れや乾燥トラブルが起きる可能性が高いので、入浴時に意識してみて下さい♪


コメント
コメントする