日焼けしやすい箇所

関東でも待望の梅雨明けになりましたね♪
晴れの日が続くと嬉しいのですが、晴れると気になるのが肌の日焼け。。。
毎年うっかり日焼けしてしまう箇所ってありませんか?

今年はなかなか梅雨が明けず、雨の日も多かったので紫外線対策が疎かになっていたというお客さまが多かったのですが、
梅雨が明けたので日差しが厳しくなり、うっかり日焼け止めを塗り忘れると大変なことになります。。。

日焼け止めをしっかり塗っているお顔でも、鼻や頬の高い部分などは他の箇所よりも紫外線の影響を受けやすく、日焼けもしやすいですよね…
日焼けしやすい箇所はシミなどのトラブルもできやすいので、日焼け止めの塗りなおしや重ね塗りなどの対策が必要です!

また、お顔と同じで、身体にも日焼けしやすい箇所がありますので、外出するときは特に注意してみてくださいね♪

お顔以外の日焼けしやすい箇所

◇耳、首の後ろ側
髪の毛で隠れているからと、日焼け止めを塗らない人も多い箇所ですが髪の隙間から紫外線をたっぷり浴びてしまいます。
背中や首の後ろ側は日頃のスキンケアもしない箇所で、シミになりやすいので要注意!
また、自分では見えなくても他人からはよく見えてしまう場所です。

◇足の甲
足の甲や足首は太陽からの紫外線を直接受けやすい箇所です。
短時間でも日焼けしやすいので要注意!
毎年サンダル焼けで真っ黒になっている人も多いですよ。

◇手、指
気にして日焼け止めを塗っても、手洗いや日常生活で日焼け止めが落ちやすい箇所です。
年齢の出やすい手は、紫外線ダメージでシワやシミが出来てしまうと老けて見られやすいんです。
ウォータープルーフタイプの日焼け止めや、こまめな塗りなおしでうっかり日焼けを防ぎましょう♪

顔さえ日焼けしなければ、身体は少しくらい日焼けしても別にいいや!という人も多いかもしれませんが、紫外線のダメージは肌を黒く日焼けさせるだけではありません。
シミやシワはもちろん、肌の内側にもダメージを与えて肌を老化させてしまいます!
肌の老化の80パーセントは紫外線などによる光老化が原因ですので、しっかり紫外線対策することが肌を若々しく保つポイントですよ♪


コメント
コメントする