知らずに浴びてしまう紫外線

毎日の日焼け止めが欠かせない季節は、照りつける日差しがない曇りの日だと少しホッとしますね。
しかし、曇っていても紫外線は結構降り注いでいるんです。

カエルの王様

快晴時と比べると、うす曇りの場合は約80%、曇りの場合は60%、雨の場合は約30%の紫外線量と言われています。
曇りの時は油断しやすいですが、紫外線対策は必須です。

そして、最も油断していると感じるのが“日陰”の紫外線対策です。
太陽の日が遮られている日陰は、紫外線を浴びない、日焼けをしないと思っている人が多いのですが、紫外線が肌に届く道筋は主に3種類あります。

・太陽から直接降り注ぐ『直射光』
・空気中で散乱して肌に届く『散乱光』
・地面や壁からの反射で肌に届く『反射光』

『散乱光』は目には見えない粒子や酸素・窒素などに反射する光で、全体の紫外線量の半分以上を占めるといわれています。
『反射光』は物からの反射なので、条件によって反射率が変わります。
芝が1~2%、土が8~10%、コンクリート・アルファルトが10%~20%、水面が10%~20%、雪が80%となります。

日陰にいる場合、直接光こそ遮られていますが、反射光・散乱光は日向とほぼ同じくらい紫外線を浴びています。
日陰だからといって日焼け止めを塗らずにいるとしっかり紫外線を浴びてしまうんですね。。。

帽子や日傘の利用は紫外線対策に有効ですが、日陰と同様で直接光に対してのみ。
反射光や散乱光からの紫外線は浴びてしまうので、油断は禁物です!

日焼けだけでなく、シワやシミなど肌老化の一番の原因となる紫外線。
特に外出時は、天気や場所に関わらず日焼け止めで肌を守りましょう♪


コメント
コメントする