GW直前!紫外線対策の注意点

今週からゴールデンウィーク!

エステAMON LISA カエル
屋外に出掛ける人も多いと思いますが、5月はシミの原因となる紫外線が1年の中で最も強くなり、真夏以上にUVケアが必要な季節です!
曇っていても日焼け止めを忘れずにつけて出掛けましょう☆

それと日焼け止めを塗るのと同時に注意して欲しいことは、日焼け止めを落とすこと
以前『ファンデーションに合わせたクレンジング』という内容のブログをアップしたのですが、日焼け止めもしっかりとクレンジングする必要があります。

特に日焼け止めが落としきれてないのが首やデコルテ(ToT)
お客さまからお話を伺うと、顔はクレンジングや洗顔料で毎日洗っていても首やデコルテはボディソープやお湯だけのすすぎだけで済ましてしまう方が多いようです。

夜にお風呂で洗う場合はお湯の温度が高いので、日焼け止めが落とせたと錯覚しやすくなります。
日焼け止めはファンデーションと違い、つけても透明や白くなるだけなので、お湯で洗うと汚れや皮脂が流れて肌がサッパリとして落ちた感じがしますが、日焼け止めは肌に残ってしまう場合が多いので注意しましょう!

特にこれからの紫外線が強い季節は、長時間紫外線を防ぐSPFの数値が高いものや、紫外線をカットする+の数値が高い日焼け止めを使用する機会も増えてくると思います。
強く長く紫外線を防ぐものは、肌に残ると肌の炎症やニキビなどの原因になりますので落とし残しがないようにしたいですね。

日焼け止めは洗顔料だけで落とせるタイプやクレンジングが必要なタイプなど商品によって様々なので、自分の使用している日焼け止めの表示をしっかり確認してみて下さい♪


コメント
コメントする