うっかり日焼けには応急肌ケア

こんにちは
エステティシャンのくぼっちです。

いつもは日焼け止めや帽子・日傘・サングラスなどでしっかり紫外線対策をしていても、旅行やレジャーの時などはついうっかり日焼けしてしまうということがありますよね?

日焼け止めをつけるのは、夏になってから。というような人でも、目に見えて日焼けしてしまうと紫外線対策をしておけば良かったと後悔するみたいですm(__)m

そんなついうっかり日焼けしてしまった後は、お家でしっかりケアしたり早めにエステで集中ケアするのが一番ですが、もしもうっかり日焼けしちゃった場合におすすめの応急肌ケアをご紹介します♪

うっかり日焼け後の応急肌ケア

■ポイントは鎮静と水分補給

①まずは肌のクールダウンを!

日焼け後の肌は炎症を起こして軽い火傷のような状態なんです。
まずは、ガーゼで包んだ保冷剤や冷たいタオルなどで肌を冷やしてあげましょう♪

②徹底した保湿で水分補給!

日焼けした肌は水分を激しく奪われています。
化粧水を含ませたコットンでコットンパックなどをして水分をたっぷり与えてあげましょう♪

■日焼け後の肌にNGな肌ケア

ダメージを受けて敏感な状態の肌によくないケアは、ピーリングやゴマージュなどの角質ケアです。
肌に刺激を与えるコットンなどでのパッティングもNGです。

■鎮静と水分補給が一度で済む、時短ケア法☆

上記で説明した鎮静と水分補給が一度で済むのがシートマスクを使ったケア♪
シートマスクでパックしながらシートマスクの上を滑らせるように保冷剤や氷で冷やす方法です(^O^)/

日焼け後で水分を欲している肌はシートマスクが乾きやすいので、シートマスクが乾かないように手持ちの化粧水を継ぎ足しながらケアして下さいね(^^)v

乳液やクリームで蓋をすれば、応急肌ケアは完了です。
あとは肌が回復してから美白化粧品を使えば、日焼けの定着も食い止めやすくなります♪

普段から日焼けをしないに越したことはありませんが、もしもの時にいつもと同じケアをしていては、肌に大きなダメージを残してしまいます。

紫外線の強さは夏が本番ですが、紫外線の量は5月~6月が非常に多い時期なのでうっかり日焼けの場合には応急肌ケアを試してみて下さいね(^O^)/


コメント
コメントする