深谷市のエステAMON LISA > 深谷市エステAMONLISAのスタッフブログ > 秋にメイクが崩れやすい原因と対策

秋にメイクが崩れやすい原因と対策

夏は汗や皮脂でメイクが崩れやすいですが、実は秋もメイクが崩れやすい季節。
肌がゴワゴワしたり、化粧ノリの悪さを実感しているお客さまも増えていますね。

エステ AMON LISA 花2

今回は、秋のメイク崩れの原因とその対策についてお伝えいたします♪

秋のメイク崩れの原因

秋のメイク崩れの原因は主にこの3つ。
◇古い角質が溜まる
◇皮脂分泌量の低下
◇空気の乾燥

過酷な夏を乗り越えた肌は、肌自体の機能が低下してターンオーバーが乱れやすくなっています。
すると古い角質が溜まって肌のごわつきが起こり、化粧水などの化粧品の浸透も悪くなるのです。
さらに夏に分泌量が増える皮脂も、気温が低くなる秋には減少する時期。
肌を乾燥から守る大切な役割を持っている皮脂が減少すると、肌の乾燥がますます悪化してしまうんです。

秋のメイク崩れの対策

秋のメイク崩れの対策として重要なのは、保湿。
夏の間に肌内部の乾燥が進み、インナードライになっている場合が多いので、たっぷりの化粧水や美容液で肌の内側を保水しましょう。
ですが、その前に古い角質を取り除かないといくら保湿をしても浸透しにくい状態ですので、まずは角質ケアから行ないます。
古い角質を取り除き、肌表面が整えられたら乾燥を改善・予防する為の保湿ケアを徹底させることが大切です♪

◆秋のメイク崩れ対策のポイント
◇角質ケア
ゴマージュやピーリングを使用して1週間~2週間に1度角質ケアを行なう。
夜に使う洗顔料は、ピーリング効果のあるAHAを使用した洗顔料がおすすめ。

◇保湿
化粧水は少量を2回~5回に分け、重ね付けすることで肌にしっかり浸透させる。

◇洗顔の仕方
朝は肌に必要な皮脂を残す為に、洗顔料を使わずに水かぬるま湯のみで洗顔する。
夜はクレンジング・洗顔料を使用して肌の汚れや角質を落とす。
ピーリング効果のあるAHAを使用した洗顔料や、週に一度程度ゴマージュを行なう。

◇下地や日焼け止め
夏に使用していたSPFや+の数値が高い日焼け止めは、肌が乾燥しやすいので秋冬用へ変える。
ベトつかず、テカリを抑える成分の入った下地から、保湿力の高い下地に変える。

メイクが崩れやすい秋ですが、保湿を徹底することで冬の乾燥対策にもなります。
秋は気温や湿度も日によって変わりやすいので、自分の肌の状態を見てお手入れを行ないましょう♪

普段しているスキンケアも、化粧品の使い方を一つ変えるだけで肌への効果がぐんと変わってきますので、ぜひサロンでスキンケア方法やお肌のお悩みもご相談くださいませ♪


コメント
コメントする